わすれんぼにっき

ARTICLE PAGE

【飛騨高山1】飛騨国分寺で”さるぼぼ”なでなで♪


こんにちは。
横浜から飛騨高山への旅行記です。

11月28日7時59分に新横浜を出発して、
12時23分に高山駅に到着。
駅から徒歩で5分くらいのホテルに着き、
カバンを部屋に置いて、すぐに
飛騨高山散策に出かけました。

天気予報によると
3日間のうち晴れはこの日だけだったので、
のんびりしていられません。(^^;)


醫王山 飛騨国分寺 (高野山真言宗)


古い町並み方面へテクテク歩いていくと・・・


kokubunji1.jpg


飛騨国分寺がありました。
(こちらも高山駅から5分くらいです。)


kokubunji2.jpg

聖武天皇により国分寺建立の詔が発せられ、
757年(天平勝宝9年)頃、行基によって建立されたそうです。

奥に見えるのは

kokubunji3.jpg

高山城から移されたといわれる鐘楼門です。

天然記念物の
推定樹齢1250年、幹周10メートル、高さ37メートルの
大イチョウがあるのですが、写真はなくて(^^;)。

翌日のバスガイドさんが
「一度に 落葉すると、
その年は大雪になるという言い伝えがあるんですよ。」
とおっしゃってました。

本堂は室町時代の建立。

kokubunji4.jpg

こちらは三重塔です。

kokubunji5.jpg

高さ約22メートル。

お参りして出ようとしたら、
2007年に設置されたという
「願掛けなでさるぼぼ」なる石造がありました。

kokubunji6.jpg

※さるぼぼとは、
飛騨高山など岐阜県飛騨地方で昔から作られる人形で、
飛騨弁で赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、
「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」という意味だそうです。


この石造の頭を撫でると頭が良くなり、
心臓を撫でると出世できるとか。
(*^_^*)
隣には
古くなったさるぼぼ人形用の棚が設けられてあり、
さるぼぼ人形の供養が行われるそうです。



→【飛騨高山2】
へ続きます。

予約・出発など初めから読んで頂く場合は
こちら→「横浜から飛騨高山への旅行記1」からお願いします。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 

国内ランキング
関連記事